関西大学学術リポジトリ >
0400 東西学術研究所 >
関西大学東西学術研究所紀要  >
関西大学東西学術研究所紀要 -第49輯 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/10274

タイトル: 唐代奚・契丹史研究と石刻史料
タイトル(その他言語/よみかな): Some recently discovered stone engravings as historical sources for the study of the Xi and Qidan peoples in the Tang dynasty
著者名: 森部, 豊
著者の別表記: MORIBE, Yutaka
キーワード: 唐朝(Tang dynasty)
奚(Xi)
契丹(Qidan)
羈縻州(Ji-mi-zhou)
府兵制(Fu-bing system)
関西大学(Kansai University)
論文発行年月日: 2016年4月1日
出版者: 関西大学東西学術研究所
雑誌名: 関西大学東西学術研究所紀要
巻: 49
開始ページ: 105
終了ページ: 126
抄録: This paper sets out current trends (and problems) in research on the history of the Xi and Qidan peoples in the Tang dynasty. It also introduces epitaphs of these peoples that were discovered during the late-twentieth and early-twenty-first century in Chaoyang (Liaoning Province), Beijing, Xi’an, and Luoyang, while clarifying current scholarly issues and the direction of future research. These epitaphs provide new information on the “loose-rein prefectures” (jimizhou), territories indirectly administered by the central imperial authority, and the Fubing military system in the Tang dynasty.
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/10274
ISSN: 0287-8151
出現コレクション:関西大学東西学術研究所紀要 -第49輯

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-0400-20160401-08.pdf610.07 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP