関西大学学術リポジトリ >
0400 東西学術研究所 >
関西大学東西学術研究所紀要  >
関西大学東西学術研究所紀要 -第49輯 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/10294

タイトル: 「関南誓書」初探
タイトル(その他言語/よみかな): A brief study of the Guannan Oath
著者名: 毛利, 英介
著者の別表記: MORI, Eisuke
キーワード: 遼(Liao dynasty)
北宋(Northern song)
誓書(written oaths)
盟約 (treaty)
関西大学(Kansai University)
論文発行年月日: 2016年4月1日
出版者: 関西大学東西学術研究所
雑誌名: 関西大学東西学術研究所紀要
巻: 49
開始ページ: 549
終了ページ: 567
抄録: Two treaties were concluded between the Khitai and the Northern Song, in 1004 and 1042 respectively. The first is famous as the Treaty of Shanyuan; the second, the subject of the present paper, is referred to as “the revised treaty.” A set of documents, known as the Guannan Oath, was exchanged between the Khitai and the Northern Song when the revised treaty was signed in 1042. The present paper specifically addresses the following: ▪ A translation of the Guannan Oath into modern Japanese, and an analysis of its composition as a text. ▪ A comparison of the provisions of the Guannan Oath with those of the Shanyuan Oath. ▪ An evaluation of the historiographic value of the text of the Guannan Oath as contained in Sanchao beimeng huibian, which up to now has been overlooked.
内容記述: 研究ノート
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/10294
ISSN: 0287-8151
出現コレクション:関西大学東西学術研究所紀要 -第49輯

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-0400-20160401-29.pdf542.51 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP