関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
総合情報学部 >
情報研究 : 関西大学総合情報学部紀要 >
情報研究 : 関西大学総合情報学部紀要 -第44号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/10358

タイトル: 地方議会データベースの開発と利用
タイトル(その他言語/よみかな): Designing the Relational Database System on Local Politics
著者名: 名取, 良太
岡本, 哲和
石橋, 章市朗
坂本, 治也
山田, 凱
著者の別表記: NATORI, Ryota
OKAMOTO, Tetsukazu
ISHIBASHI, Shoichiro
SAKAMOTO, Haruya
YAMADA, Gai
キーワード: データベース
地方議会
会議録
Database
Local politics
the minutes of the proceedings
関西大学(Kansai University)
平成26~27年度関西大学研究拠点形成支援経費
論文発行年月日: 2016年8月10日
出版者: 関西大学総合情報学部
雑誌名: 情報研究 : 関西大学総合情報学部紀要
巻: 44
開始ページ: 31
終了ページ: 42
抄録:  地方議会は,民主主義において重要な役割を担う存在である.しかしながら,日本の地方議会は,多くの市民から信頼されず,その役割を十分に果たしていないと考えられている.ところが,「地方議会が十分に役割を果たしていない」と主張するための定量的な根拠は,ほ とんど示されていない.その原因の一つは,地方議会に関する膨大な資料から,適切なデータを取得するのが困難なことにある.そこで我々は,会議の開催状況や議案の審議過程,各議員の属性・発言内容・議案への賛否態度などを,定量データとして格納した地方議会データベースを開発した.本論文では,会議録や広報紙などから,どのようにデータテーブルを作成したかを説明するとともに,データベースを活用してどのような分析が可能になるかを紹介していく.
Although the local assembly is one of the key organizations supporting the democratic system, many Japanese recognize that the local assemblies do not perform their expected roles. However, there is no quantitative evidence for this inadequate performance due to the difficulties in collecting quantitative data about the local assemblies. In this study, we explain the database system that we developed regarding local assemblies and present the data files for use in quantitative analysis.
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/10358
ISSN: 1341156X
書誌レコードID: AN10484636
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:情報研究 : 関西大学総合情報学部紀要 -第44号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20160810-03.pdf626.55 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP