関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
経済学部 >
關西大學經済論集 >
關西大學經済論集-第64巻 第2号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/10382

タイトル: [研究ノート] 夕張市の財政再建の現状と課題
タイトル(その他言語/よみかな): [Note] Fiscal consolidation of Yubari city in Hokkaido, Japan: current trends and issues
著者名: 橋本, 恭之
木村, 真
著者の別表記: HASHIMOTO, Kyoji
KIMURA, Shin
キーワード: 財政再建
財政健全化法
夕張市
関西大学
Kansai University
関西大学経済論集
論文発行年月日: 2014年9月10日
出版者: 關西大学經済學會
雑誌名: 關西大學經済論集
巻: 64
号: 2
開始ページ: 165
終了ページ: 195
抄録: 本稿の目的は、夕張市財政の現状を把握し、財政再建計画および財政再生計画の進行状況をあきらかにすることである。本稿で得られた結果は、以下のようにまとめることができる。第1に、夕張市は、多額の債務を抱えているものの、毎年の返済は確実におこなわれており、夕張市の財政再建自体はほぼ順調に推移している。第2に、夕張市では、当初の想定以上の人口流出が続いている。第3に、歳出削減の半分程度が人件費カットによるものだ。第4に、夕張市の基幹税である個人住民税、固定資産税の税収は、財政破綻後に新たに超過課税を導入したにもかかわらず減少が続いている。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/10382
ISSN: 04497554
書誌レコードID: AN00046869
シリーズ番号/レポート番号: 経済学文献季報分類番号;13-21
経済学文献季報分類番号;13-24
経済学文献季報分類番号;13-25
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:關西大學經済論集-第64巻 第2号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20140910-04.pdf2.52 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP