関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
経済学部 >
關西大學經済論集 >
關西大學經済論集-第64巻 第3・4号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/10389

タイトル: ハイエクはバークをどのように読んだのか? : ハイエクの保守主義観の特質と意義
タイトル(その他言語/よみかな): How Did Hayek Read Burke?: Characteristic and Significance of Hayek's Views on Conservatism
著者名: 中澤, 信彦
著者の別表記: NAKAZAWA, Nobuhiko
キーワード: フリードリヒ・ハイエク
エドマンド・バーク
アダム・スミス
保守主義
自由主義
個人主義
民主主義
社会主義
関西大学
Kansai University
関西大学経済論集
論文発行年月日: 2015年3月10日
出版者: 關西大学經済學會
雑誌名: 關西大學經済論集
巻: 64
号: 3-4
開始ページ: 249
終了ページ: 271
抄録: 本稿の課題は、ハイエクがバークをどのように読んだのか、その読解の詳細を追跡することによって、ハイエクの保守主義観の特質と意義を明確化することにある。ハイエクが残したバークへの言及は分量的に決して少なくないが、断片的なものばかりである。そこで本稿では、ハイエクがバークの膨大なテクスト群のうちの何を参照したのかにとりわけ着目しつつ、ハイエクの主要著作におけるバークへの言及の有様を時系列的に整理する。本稿の構成は以下の通りである。第1節では論文「真の個人主義と偽りの個人主義」におけるバークへの言及を検討する。第2節では壮年期の主著『自由の条件』を検討し、第3節では『自由の条件』の補論「なぜ私は保守主義者ではないのか」を検討する。第4節では『自由の条件』と並ぶ後年の主著『法と立法と自由』を検討する。最後にこれまでの議論を整理し、「つまるところ、ハイエクはバークをどのように読んだのか?」という問いに、できるだけ明快な答えを与えたい。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/10389
ISSN: 04497554
書誌レコードID: AN00046869
シリーズ番号/レポート番号: 経済学文献季報分類番号;01-21
経済学文献季報分類番号;03-21
経済学文献季報分類番号;03-22
経済学文献季報分類番号;03-43
経済学文献季報分類番号;03-48
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:關西大學經済論集-第64巻 第3・4号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20150310-02.pdf653.68 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP