関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
商学部 >
關西大學商學論集 >
關西大學商學論集-第61巻 第2号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10112/10432

Title: 相対取引による自己株式取得の実態
Other Titles: Privately Negotiated Stock Repurchases in Japan
Authors: 太田, 浩司
岡本, 進之介
Author's alias: OTA, Koji
OKAMOTO, Shinnosuke
Keywords: 関西大学
Kansai University
関西大学商学論集
Issue Date: 10-Oct-2016
Publisher: 關西大學商學會
出版者の別表記: 関西大学商学会
Shimei: 關西大學商學論集
Volume: 61
Issue: 2
Start page: 1
End page: 29
Abstract: 本稿では,わが国における相対取引による自己株式取得の実態について調査している。本稿による調査から,相対取引による自己株式取得は実施要件が非常に厳しく,2004-2015年の期間でわずか26個しか存在せず,その6割は新興企業であるということがわかった。また,一般的な相対取引の実態は,(ⅰ)売主は取得企業の筆頭あるいは次席株主で,約20%の持分の半分程を売却している,(ⅱ)売主が保有株式の売却を企業に打診し,大量の株式が市場に放出されることを嫌う企業が,相対取引によって当該株式を取得するという売主主導の取引である,(ⅲ)2/3の取引が時価を平均20%下回るディスカウント価格での取引である,(ⅳ)相対取引の公表に対して市場は反応しない,というものであった。
type: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/10432
ISSN: 04513401
NCID: AN00047023
Text Version: publisher
Appears in Collections:關西大學商學論集-第61巻 第2号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KU-1100-20161010-01.pdf5.18 MBAdobe PDF
View/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback Terms and Conditions of Use PAGE TOP