関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
心理学研究科 >
関西大学心理学研究 >
関西大学心理学研究-第4号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/10454

タイトル: 共感は可能か? -関西大学大学院心理学研究科シンポジウム概括-
タイトル(その他言語/よみかな): Is Empathy Possible?; An Overview of Empathy Symposium 2012, Kansai University
著者名: 串崎, 真志
雨宮, 俊彦
岡村, 達也
小林, 孝雄
中嶋, 智史
福島, 宏器
菅村, 玄二
関口, 理久子
著者の別表記: KUSHIZAKI, Masashi
AMEMIYA, Toshihiko
OKAMURA, Tatsuya
KOBAYASHI, Takao
NAKASHIMA, Satoshi F
FUKUSHIMA, Hirokata
SUGAMURA, Genji
SEKIGUCHI, Rikuko
キーワード: empathy
facial expression recognition
neural mechanisms
psychotherapy
関西大学(Kansai University)
論文発行年月日: 2013年3月
出版者: 関西大学大学院心理学研究科
雑誌名: 関西大学心理学研究
巻: 4
開始ページ: 1
終了ページ: 24
抄録: This article reported an overview of a series of lectures and a symposium done as part of “special research project” program at the Graduate School of Psychology, Kansai University in December, 2012. First, the background of this symposium was described. Second, three lectures in this program were summarized. Third, a brief summary of three speeches on “facial expression and empathy”, “cognitive and neural mechanism of empathy”, and “empathetic understanding” was provided and a comment on each speech was offered. Finally, a connotation of empathy was discussed.
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/10454
ISSN: 21850070
書誌レコードID: AA12471688
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学心理学研究-第4号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20130300-01.pdf835 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP