関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
心理学研究科 >
関西大学心理学研究 >
関西大学心理学研究-第5号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/10463

タイトル: 心理学に活かす生物学的アプローチの基礎と応用
タイトル(その他言語/よみかな): An Interdisciplinary Approach to Psychology
著者名: 山本, 哲也
佐藤, 寛
串崎, 真志
著者の別表記: YAMAMOTO, Tetsuya
SATO, Hiroshi
KUSHIZAKI, Masashi
キーワード: cognitive neuroscience
brain-based behavioral intervention
EEG
fMRI
epigenetics
関西大学 (Kansai University)
論文発行年月日: 2014年3月
出版者: 関西大学大学院心理学研究科
雑誌名: 関西大学心理学研究
巻: 5
開始ページ: 51
終了ページ: 56
抄録: This article was intended to showcase an interdisciplinary approach—including psychology, psychiatry, cognitive neuroscience, neurobiology, molecular biology, and genetics. This approach might have the capability of facilitating a more mechanistic understanding of the neural basis of mental events and improving mental well-being, as well as diagnosis and treatment of mental disease. We suggest that future research will be key to performing multilevel integrative research in psychology.
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/10463
ISSN: 21850070
書誌レコードID: AA12471688
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学心理学研究-第5号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20140300-06.pdf373.44 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP