関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
社会学部 >
関西大学社会学部紀要 >
関西大学社会学部紀要-第48巻 第1号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/10583

タイトル: [研究ノート] 近現代文芸の中の広告(3) : 明治期以降の文学作品中の言説渉猟
タイトル(その他言語/よみかな): Advertising in modern literature (3); Examples of Japanese advertising in modern literature
著者名: 水野, 由多加
著者の別表記: MIZUNO, Yutaka
キーワード: literary text
literature
advertising
advertisement
discourse
sociolinguistics
文芸
広告
言説
社会言語研究
関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2016年11月15日
出版者: 関西大学社会学部
雑誌名: 関西大学社会学部紀要
巻: 48
号: 1
開始ページ: 113
終了ページ: 138
抄録: The Japanese word “Koukoku,” which means the translation and coinage of advertising, was used after the Meiji Era instead of “Hirome,” which just means spread out. The author conducted an extensive literature review to document examples of Koukoku in the literature following the Meiji Era, and describes them in this paper. This effort may prepare the way for a deeper investigation in the form of media studies into the definition and meaning of advertising in Japanese society and culture.
広告という言葉は Advertising の翻訳造語として、それまでの広目に代わって明治期以降日本社会で使用される。筆者は、今回、明治期以降の文芸の中にその用例を狩猟、観察する。この作業は今後のより深い広告に関する社会的文化的な定義と意味についてのメディア論的な検討を準備することとなる。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/10583
ISSN: 02876817
書誌レコードID: AN00046982
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学社会学部紀要-第48巻 第1号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20161115-05.pdf1.07 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP