関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
社会学部 >
関西大学社会学部紀要 >
関西大学社会学部紀要-第48巻 第1号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/10584

タイトル: 研究ノート スリランカにおける女性労働の現状:スリランカでのチーム作業方式導入に向けての予備的考察
タイトル(その他言語/よみかな): The current situation of Sri Lankan female workers: as a preliminary study for the introduction of Sri Lankan teamworking
著者名: 森田, 雅也
ワンニナーヤカ, マンジュラ
著者の別表記: MORITA, Masaya
WANNINAYAKA, Manjula
キーワード: Sri Lanka
teamworking
female labour
スリランカ
チーム作業方式
女性労働
関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2016年11月15日
出版者: 関西大学社会学部
雑誌名: 関西大学社会学部紀要
巻: 48
号: 1
開始ページ: 139
終了ページ: 152
抄録: This paper primarily focuses on the current situation of Sri Lankan female workers and this aims to explore the dynamics and characteristics of teamwork in Sri Lanka. The results of the research shed out the characteristics as follows. The female workersʼparticipation ratio is lower than the international average score though the opportunity to work has been expanded and promulgated by the government policies. The obstacles for women to participate in the labour force are further emphasized because of the following reasons: 1) normative consciousness in the society, 2) the existence of the division of labour according to gender, 3) insufficient labour laws and 4) the management style. Promoting teamwork may have the possibility of changing the management style, which may lead to a better and more efficient workplace for female workers in order for them to work productively as well as to fulfill their abilities.
本稿は、スリランカでのチーム作業方式のあり方を検討するための予備的考察として、スリランカにおける女性労働の現状を検討している。明らかになったのは、女性の労働参加率は世界平均よりも低く、近年も高まる傾向にはないこと、家父長制や「男は仕事、女は家事」といった規範意識が存在する社会的コンテキスト、家事と仕事の両立支援には不十分な労働法という法的コンテキスト、女性労働力を有効に活用しようとしない経営のあり方、である。チーム作業方式が職場を変える可能性があることから、チーム作業方式の導入が女性の労働環境を改善し、彼女らの能力をさらに活用して組織の業績向上につなげることが期待される。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/10584
ISSN: 02876817
書誌レコードID: AN00046982
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学社会学部紀要-第48巻 第1号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20161115-06.pdf1.38 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP