関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
経済学部 >
關西大學經済論集 >
關西大學經済論集-第65巻 第1号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/10603

タイトル: 現代中国の社会経済システムと「東アジア」 : 近代化論と文明論の観点から
タイトル(その他言語/よみかな): Socio-Economic System of Contemporary China and "East Asia" : from the Perspective of Modernization and Civilization Theory
著者名: 竹下, 公視
著者の別表記: TAKESHITA, Koshi
キーワード: 社会主義市場経済
機能的資本主義
冷戦構造
華夷思想
近代化
文明論
関西大学
Kansai University
関西大学経済論集
論文発行年月日: 2015年6月20日
出版者: 關西大学經済學會
雑誌名: 關西大學經済論集
巻: 65
号: 1
開始ページ: 43
終了ページ: 65
抄録: 現代中国の社会経済システムに焦点を当て、近代化論と文明論の観点から、その特徴と行方をトータルに考察した。本稿で論じられた主要な論点は、つぎの5点である。(1)まず、現代中国は、「社会主義市場経済」と共産党一党制からなる独自の政治経済システムの下、変則的な「機能的資本主義」を追求した結果、予想を上回る成果を上げ経済大国となった。(2)しかし、その一方で数多くの問題を抱え、現在では成長率も鈍化し、「新常態」という新たな段階を迎えている。(3)「東アジア」においては、実際には東西冷戦構造は残存し、中国の台頭によってむしろ強化されさえしている。(4)現代中国の社会経済システムは、上下・優劣関係を前提とする中華文明(華夷思想)に通じる特徴を持っている。(5)近現代中国にとって19世紀半ば以来、「近代化」(工業化・民主化)は変わらぬ主題であるが、工業化は達成されているのに対して、民主化(法治)は未達成というアンバランスな状況にあり、ある種の危険性を孕んだ状態にある、ということである。以上である。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/10603
ISSN: 04497554
書誌レコードID: AN00046869
シリーズ番号/レポート番号: 経済学文献季報分類番号;02-60
経済学文献季報分類番号;02-10
経済学文献季報分類番号;02-20
経済学文献季報分類番号;01-10
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:關西大學經済論集-第65巻 第1号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20150620-03.pdf3 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP