関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
東アジア文化研究科 >
東アジア文化交渉研究 >
東アジア文化交渉研究-第10号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/10937

タイトル: 東アジア仏教における多羅信仰の展開
タイトル(その他言語/よみかな): The Popularization of Worship of the Goddess Tārā in East Asia
著者名: 索南, 卓瑪
著者の別表記: SUONAN, Zhuoma
キーワード: 東アジア仏教
女神信仰
多羅菩薩
展開
関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2017年3月31日
出版者: 関西大学大学院東アジア文化研究科
雑誌名: 東アジア文化交渉研究 = Journal of East Asian cultural interaction studies
巻: 10
開始ページ: 455
終了ページ: 473
抄録: There are many Goddesses consecrate in the pantheon of East Asia Buddhist, and the Goddess Tārā is one of them who originated in India. But after the worship of her spread into East Asia, the ways of the worship have differences because of the cultural differences and the vicissitude of period. In this thesis, I probed into the popularization of worship of Goddess Tārā in the culture of Buddhist of East Asia areas.
内容記述: 文部科学省グローバルCOEプログラム 関西大学文化交渉学教育研究拠点
松浦章教授古稀記念号
[東アジアの思想と構造]
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/10937
ISSN: 18827748
書誌レコードID: AA12327433
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:東アジア文化交渉研究-第10号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20170331-29.pdf1.61 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP