関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
東アジア文化研究科 >
東アジア文化交渉研究 >
東アジア文化交渉研究-第10号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/10944

タイトル: 三田渡碑(大清皇帝功徳碑)の予備的考察
タイトル(その他言語/よみかな): A preliminary Consideration of Samjeondo Monument (Memorial Stele of Ch’ing Tai jong in Samjeondo)
著者名: 篠原, 啓方
著者の別表記: SHINOHARA, Hirokata
キーワード: 清太宗功徳碑
三田渡

朝鮮(韓国)
文化財
関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2017年3月31日
出版者: 関西大学大学院東アジア文化研究科
雑誌名: 東アジア文化交渉研究 = Journal of East Asian cultural interaction studies
巻: 10
開始ページ: 561
終了ページ: 572
抄録: In this essay, I present the report and the evaluation of Samjeondo Monument in Modern Times. The monument for the Qing Emperor was erected at the command of Emperor Taizong (Hong Taiji) of Qing Dynasty in December 1639 after Joseon’s defeat to the war between Joseon and Qing. After the National Liberation Day of Korea (August 15, 1945), this monument has been evaluated from a nationalistic perspective rather than the value as a cultural property. In 1957, the monument was changed from a national treasure to a historical site. This change reflected the recognition of the symbol of national shame, but there was also the result of protecting the cultural properties related to the monument.
内容記述: 文部科学省グローバルCOEプログラム 関西大学文化交渉学教育研究拠点
松浦章教授古稀記念号
[東アジアの歴史と動態]
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/10944
ISSN: 18827748
書誌レコードID: AA12327433
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:東アジア文化交渉研究-第10号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20170331-36.pdf1.08 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP