関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
東アジア文化研究科 >
東アジア文化交渉研究 >
東アジア文化交渉研究-第10号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/10946

タイトル: 明初朝貢体制の確立と日本の位置
タイトル(その他言語/よみかな): The Japanese Position in the Established Process of Early Ming Tributary System
著者名: 年, 旭
著者の別表記: NIAN, Xu
キーワード: 明太祖
日本
朝貢
倭寇
日本国王
懐良
関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2017年3月31日
出版者: 関西大学大学院東アジア文化研究科
雑誌名: 東アジア文化交渉研究 = Journal of East Asian cultural interaction studies
巻: 10
開始ページ: 593
終了ページ: 617
抄録: Ming’s main communicative purpose with Japan always attributes to “prohibit Japanese Pirates”, but by comparing the imperial edicts of the early Ming period, we can find a new probability that is Ming’s main communicative purpose with Japan maybe was to make Japan submitted to Ming Dynasty, “prohibit Japanese Pirates” was only the secondary purpose. Ming took the states’ submittal as the external certification of governmental orhtodoxy. In this respect, Japan was a very important state. Because Japanese unyieldingness to Yuan dynasty had been portrayed as a protective attitude about “The Huayi Order”. The record about Japanese King kaneyosisinnou’s tribute in Hongwu 4th year maybe was a intentional description to satisfy the ertification of Ming’s orhtodoxy. Thereafter, the relations between Ming and Japan had developed around submittal question.
内容記述: 文部科学省グローバルCOEプログラム 関西大学文化交渉学教育研究拠点
松浦章教授古稀記念号
[東アジアの歴史と動態]
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/10946
ISSN: 18827748
書誌レコードID: AA12327433
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:東アジア文化交渉研究-第10号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20170331-38.pdf1.12 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP