関西大学学術リポジトリ >
1200 教育推進部 >
教育開発支援センター >
関西大学高等教育研究 >
関西大学高等教育研究-第8号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/11098

タイトル: 高等教育における反転授業に関する教員調査と教員支援
タイトル(その他言語/よみかな): Teacher Education Research Survey and Instructional Support for Flipped Classrooms in Higher Education
著者名: 岩﨑, 千晶
著者の別表記: IWASAKI, Chiaki
キーワード: 反転授業
教員支援
教員調査
高等教育/Flipped-Classroom
Instructional Support
Teacher Education Research Survey
Higher Education
関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2017年3月1日
出版者: 関西大学教育開発支援センター
雑誌名: 関西大学高等教育研究
巻: 8
開始ページ: 23
終了ページ: 33
抄録: 本研究では、反転授業を支える教員支援の方法を提示するために、大学教員を対象に反転授業の現状に関するアンケート調査を実施した。調査の結果、様々な科目、クラスサイズで反転授業が実践されており、幅広い科目に向けた支援の必要性が示された。教育方法では、教員が映像視聴に加え、ノートテイク、小テスト等の学習活動を組み合わせることで学生の理解を促すという授業外と対面授業を総合的に検討した授業を設計している傾向にあることがわかった。一方で、対面授業における学生同士の議論に課題を抱える教員もおり、議論を深める議題の設定やグループワークを効果的に進めることも併せて支援する必要性が指摘された。また半数の教員が評価方法を変更しておらず、教育目標、教育方法、評価方法のバランスに配慮した授業設計への支援が必要であることも分かった。映像内容や映像視聴に関しては、講義のどの部分を映像にすべきかや、映像理解を深めるための映像活用に関する学習・教授方略の提示が望まれていることが指摘された。
内容記述: 文部科学省科学研究補助金・基盤研究(C)(研究課題番号16K01143)、平成28年度関西大学教育研究高度化促進費「アカデミック・ライティング力を育むための教育システム開発とデザイン原則の導出」
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/11098
ISSN: 21856389
書誌レコードID: AA12626037
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学高等教育研究-第8号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1200-20170301-04.pdf788.11 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP