関西大学学術リポジトリ >
1200 教育推進部 >
教育開発支援センター >
関西大学高等教育研究 >
関西大学高等教育研究-第8号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/11102

タイトル: 教学IRでの決定木分析の活用 : 初年次の学修成果に影響する入学時の学生特徴の探索を例として
タイトル(その他言語/よみかな): Decision Tree for Institutional Research in the Educational Field : As an Example of Searching for Student Characteristics at the Time of Admission Affecting the Learning Outcomes of the First Year Experience
著者名: 紺田, 広明
森, 朋子
著者の別表記: KONDA, Hiroaki
MORI, Tomoko
キーワード: 教学IR
決定木分析
データマイニング
高等教育/Institutional Research
Decision Tree
Data mining
Higher Education
関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2017年3月1日
出版者: 関西大学教育開発支援センター
雑誌名: 関西大学高等教育研究
巻: 8
開始ページ: 69
終了ページ: 78
抄録: 本論文では、インスティテューショナル・リサーチ(IR)における主要なデータマイニング手法である決定木分析の活用について論じた。決定木の利点と留意点を整理し、教学IRにおける決定木分析の有用性について検討した。具体的な文脈として、初年次の学修成果に影響する入学時の学生特徴を探索するという場面を想定して、決定木の活用の全体の流れを示した。分析設計を検討し、模擬データを用いてRでの決定木分析の実行例を提示した。そして、決定木分析が示唆する結果を確認的に分析することで、主要な説明変数を見出すことになり、学習支援等への検討や次なる分析対象の絞り込みにつながることを論じた。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/11102
ISSN: 21856389
書誌レコードID: AA12626037
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学高等教育研究-第8号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1200-20170301-08.pdf1.38 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP