関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
心理学研究科 >
関西大学心理学研究 >
関西大学心理学研究-第8号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/11225

タイトル: 匂いの感覚が主観的時間評価に及ぼす効果
タイトル(その他言語/よみかな): The Effect of Individual Differences in Odor Awareness on Subjective Time Estimation
著者名: 串崎, 真志
目黒, 達哉
著者の別表記: KUSHIZAKI, Masashi
MEGURO, Tatsuya
キーワード: subjective time
odor awareness
empathy
主観的時間
匂いの感覚
共感
関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2017年3月
出版者: 関西大学大学院心理学研究科
雑誌名: 関西大学心理学研究
巻: 8
開始ページ: 13
終了ページ: 21
抄録: It has been reported often that the mechanism behind odor awareness and subjective time involves an empathic process. Three experiments were conducted to test the hypothesis if the dyadic similarity of subjective time estimation suggests empathic bonding, then their individual differences in odor awareness would affect subjective time estimation. Participants (study 1: N=76, study 2: N=32, study 3: N=48) were asked to pair up with another student and play paper-rock-scissors (study 1) or listen to each other (study 2 and 3). Then they individually estimated the duration of the task in seconds. Consistent with the hypothesis, study 1 and 3 showed that the differences in subjective time estimation decreased as the dyadic scores of odor awareness scale increased. But study 2 and 3 was contrary to the prediction. The implications of the individual differences in odor awareness for facilitating or inhibiting empathic bonding are discussed.
匂いの感覚と主観的時間の背景にあるメカニズムとして,共感の過程を含むことがしばしば報告されている。本研究では,匂いの感覚の個人差が主観的時間評価に影響するかどうかを検討するため,3 つの実験を実施した。大学生の参加者(研究1 : N = 76, 研究2 : N = 32, 研究3 : N = 48)が二人組を作り,じゃんけん(研究1)あるいは傾聴練習(研究2 と3)を行った。研究1 と3 では,仮説に一致して,匂い気づき尺度の二人の合計が高いほど,二人の主観的時間評定の差が小さくなっていたが,研究2 と3(の一部)は仮説を支持しなかった。匂いの感覚の個人差が,共感的な絆を促進または抑制する点について考察した。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/11225
ISSN: 21850070
書誌レコードID: AA12471688
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学心理学研究-第8号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20170000-02.pdf706.51 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP