関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
心理学研究科 >
関西大学心理学研究 >
関西大学心理学研究-第8号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/11226

タイトル: 大学生における自閉スペクトラム症傾向の実態調査 : AQ-J-10を用いて
タイトル(その他言語/よみかな): Investigation on the Autistic Spectrum Tendency of University Student : Using AQ-J-10
著者名: 前田, 由貴子
金山, 裕望
佐藤, 寛
著者の別表記: MAEDA, Yukiko
KANEYAMA, Yumi
SATO, Hiroshi
キーワード: AQ-J-10
university students
autistic traits
AQ‒J‒10
大学生
自閉スペクトラム症傾向
関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2017年3月
出版者: 関西大学大学院心理学研究科
雑誌名: 関西大学心理学研究
巻: 8
開始ページ: 23
終了ページ: 29
抄録: Students with autistic traits are particularly likely to be isolated because of interpersonal problems. Therefore, early detection of such traits and support for these students is necessary. This study investigates such traits with the Autism-Spectrum Quotient-Japanese version-10 (AQ-J-10) in a sample of 646 undergraduate students. Of the sample, 9.8% exhibited high levels of autistic traits (AQ>7). Analysis of relationship between university department and the prevalence of high autistic traits showed that high autistic traits were more prevalent in students from the science and engineering than other departments. This result suggests that university faculty in natural sciences departments should obtain in-depth awareness and understanding of autism.
自閉スペクトラム症傾向の学生は,対人関係の問題により孤立化しやすい。そのため,彼らを早期に発見し,支援へと繋げることが必要である。646 名の大学生を対象に,自閉性スペクトル指数10 項目版 (AQ‒J‒10) を用いて調査を行った結果,カットオフポイントを超える学生の割合は9.8%であった。対象者の所属学部ごとに,カットオフポイントを上回る学生の割合を算出したところ,理工学系の学生において有意に高いことが示された。このため,特に自然科学系の学部では,支援を行う立場にある教職員が自閉スペクトラム症傾向の認識を深めることが重要である。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/11226
ISSN: 21850070
書誌レコードID: AA12471688
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学心理学研究-第8号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20170000-03.pdf419.05 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP