関西大学学術リポジトリ >
0400 東西学術研究所 >
関西大学東西学術研究所紀要  >
関西大学東西学術研究所紀要 -第50輯 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/11233

タイトル: 文化交渉学としての日本美術史学
タイトル(その他言語/よみかな): Reconstructing Studies of Japanese Art History as Cultural Interaction Studies
著者名: 中谷, 伸生
著者の別表記: NAKATANI, Nobuo
キーワード: 関西大学
Kansai University
文化交渉学
Cultural Interaction Studies
日本美術史学
Studies of Japanese Art History
グローバリズム
Glibalism
論文発行年月日: 2017年4月1日
出版者: 関西大学東西学術研究所
雑誌名: 関西大学東西学術研究所紀要
巻: 50
開始ページ: 3
終了ページ: 18
抄録: Studies of a single country's art history today are no longer unilateral but are increasingly transcending national boundaries and influencing the studies of artwork of different countries around the world. Studies of Japanese art history have sought to understand how particular artwork has been influenced by other work. Major progress has been made in such eff orts. However, as meticulous comparison of artwork has become such a dominant part of the entire discipline, it has ended up distorting the flow of art history. Studies of Japanese art history will have to move beyond their fixation on identifying influences between artworks, and promote more "synchronic" studies of art history that examine art within a larger context.
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/11233
ISSN: 02878151
書誌レコードID: AN0004709X
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学東西学術研究所紀要 -第50輯

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-0400-20170401-03.pdf484.71 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP