関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
外国語学部 >
外国語学部-雑誌発表論文等 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/11395

タイトル: Образ храма в рассказе Чехова «Студент»
タイトル(その他言語/よみかな): 『学生』の聖堂
著者名: КОНДО, Масао
著者の別表記: 近藤, 昌夫
KONDO, Masao
キーワード: рассказ А.П.Чехова «Студент»
движение тела
двухконечная цепь наперсного креста
образ храма
関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2015年11月30日
出版者: 日本スラヴ人文学会
雑誌名: スラヴィアーナ = Slaviana
巻: 7
開始ページ: 105
終了ページ: 109
抄録: 「ペテロの否み」のエピソードを含むチェーホフの『大学生』の先行研究には、物語の最大の特徴である主人公イワンの極端な内面の変化について、情景(「荒野」「焚き火」「川」「山」等)も含めた精緻な宗教的解釈がすでに多数ある。小論は、三つの根拠: 1) イワンが西から東に移動すること、2) 西から東への移動が、従来個別に解釈されてきた情景(点景)を教会建物イメージに統合すること、3) ゲッセマネの園から続く「鎖」は「二端の鎖」(迷える子羊とイエスの背負った十字架の象徴)であること、に基づき、渡し舟(教会のアナロジー)によるイワンの渡河とその後の登頂は、イコノスタスの王門から至聖所の高所への移行、つまり迷いの克服と修行再開の表明と結論し、従来の宗教的解釈を支持するひとつの論拠を示した。
内容記述: This research was supported by Kansai University's Overseas Research Program for the year of 2014.
資料種別: Journal Article
著作権等: このアイテムは日本スラヴ人文学会の許諾を得て作成しています。
URI: http://hdl.handle.net/10112/11395
書誌レコードID: AA1245841X
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:外国語学部-雑誌発表論文等

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20151130-00.pdf414.49 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP