関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
総合情報学部 >
情報研究 : 関西大学総合情報学部紀要 >
情報研究 : 関西大学総合情報学部紀要 -第46号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/11454

タイトル: 恥(embarrassment)を避けるための援助行動の回避
タイトル(その他言語/よみかな): Unwillingness to Help Someone to Avoid Getting Embarrassed
著者名: 吉﨑, 雅基
森尾, 博昭
著者の別表記: YOSHIZAKI, Masaki
MORIO, Hiroaki
キーワード: 関西大学
Kansai University
援助行動
向社会的行動

公的失態
単純注目
helping behavior
prosocial behavior
embarrassment
faux pas
center of attention.
論文発行年月日: 2017年7月20日
出版者: 関西大学総合情報学部
雑誌名: 情報研究 : 関西大学総合情報学部紀要
巻: 46
開始ページ: 71
終了ページ: 85
抄録: 本研究では,恥 (embarrassment) の感じやすさが援助行動に与える影響を検証した.公的失態と単純注目という状況は,人前で見知らぬ人に対してなされる援助行動において発生しうるため,それらの状況で恥を感じやすい人は,恥を避けるために援助行動を回避することが予測された.場面想定法を用いた研究1 の質問紙調査では,単純注目で恥を感じやすい人ほど援助行動意図が低く,公的失態で恥を感じやすい人ほど援助行動意図が高いという結果が得られた.公的失態について仮説とは反対の結果であったことを受け,研究2 では実際に恥の予期を生じさせるために,また,因果関係を検証するために,公的失態が発生する可能性の高低を要因とする実験室実験を実施した.公的失態の発生可能性が比較的低い状況では恥を感じやすい人ほど援助確率が高く,一方で公的失態の発生可能性が比較的高い状況では恥の感じやすさに関わらず援助確率が低い傾向が得られた.これは恥を回避しようとしたために生じた結果であると考えられる.
This study examined the relation between embarrassment and helping behavior. People can experience committing a faux pas or being the center of attention when they try to help strangers in public. Since these situations can cause embarrassment, bystanders experiencing a high level of embarrassment would decide to not help strangers to avoid it. However, in Study 1, the result of the questionnaire indicated that the more likely people are to feeling embarrassed in committing a faux pas, the more they intend to help others, opposing the hypothesis. However, the result supported the hypothesis regarding being the center of attention. Therefore, in Study 2, a laboratory experiment was conducted to observe actual helping behavior, using the following two conditions: strong possibility of faux pas (Strong condition) and small possibility of faux pas (Small condition). The results were consistent with the hypothesis: in Small condition, participants feeling more embarrassed of faux pas tended to help more than participants feeling less embarrassed. In Strong condition, the helping behavior rate was low regardless of the participants’ level of embarrassment.
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/11454
ISSN: 1341156X
書誌レコードID: AN10484636
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:情報研究 : 関西大学総合情報学部紀要 -第46号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20170720-06.pdf805.45 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP