関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
社会学部 >
関西大学社会学部紀要 >
関西大学社会学部紀要-第49巻 第1号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/11587

タイトル: YG 性格検査の12尺度の内部構造 : カテゴリー因子分析のBifactor Geomin 回転
タイトル(その他言語/よみかな): The Internal Structure of the YG Personality Inventory Scales: Categorical Factor Analysis with Bifactor Geomin Rotation
著者名: 清水, 和秋
山本, 理恵
著者の別表記: SHIMIZU, Kazuaki
YAMAMOTO, Rie
キーワード: 関西大学
Kansai University
Yatabe Guilford Personality Inventory
categorical factor analysis
bifactor structure
scale development.
矢田部ギルフォード性格検査
カテゴリー因子分析
Bifactor 構造
尺度開発
論文発行年月日: 2017年10月31日
出版者: 関西大学社会学部
雑誌名: 関西大学社会学部紀要
巻: 49
号: 1
開始ページ: 1
終了ページ: 31
抄録: Traditionally the scales of psychological constructs have been developed using exploratory factor analysis with the factor rotation method for simple structure named Varimax or Promax. In this research, we conducted the investigation of the bifactor structure and rotation for scale development postulated for a single dimension. Using Mplus the internal structures of the twelve subscales of the YG Personality Inventory were independently estimated by following three methods; Maximum Likelihood, Weighted Least Squares, and Weighted Least Square Mean and Variance adjusted. Comparing the estimates among different numbers of factors with Bifactor Geomin orthogonal rotation, implications of the methodology for scale development were discussed.
伝統的に心理学的構成概念の尺度は、VarimaxまたはPromaxという単純構造への因子回転法による探索的因子分析を用いて開発されてきた。この研究では、一次元と仮定された尺度開発のためbifactor構造と回転に検討を加えた。Mplusを使用して、YG性格検査12の尺度の内部構造を三種類の方法(Maximum Likelihood, Weighted Least Squares, そしてWeighted Least Square Mean and Variance adjusted)で推定した。異なる数の因子についての直交Bifactor-Geomin 回転の推定値を比較しながら、尺度開発の方法論の意義について議論した。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/11587
ISSN: 02876817
書誌レコードID: AN00046982
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学社会学部紀要-第49巻 第1号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20171031-01.pdf1.06 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP