関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
社会学部 >
関西大学社会学部紀要 >
関西大学社会学部紀要-第49巻 第1号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10112/11593

Title: 世界遺産登録基準の選択傾向に関する一試論 : 辺境の世界遺産に着目して
Other Titles: A Study of the Trends in the Criteria for Selection of World Heritage Sites From the Viewpoint of Geographical Margins
Authors: 雪村, まゆみ
Author's alias: Yukimura, Mayumi
Keywords: 関西大学
Kansai University
criteria for selection of World Heritage sites
margins
protection of living space
世界遺産登録基準
辺境
生活空間の保存
Issue Date: 31-Oct-2017
Publisher: 関西大学社会学部
Shimei: 関西大学社会学部紀要
Volume: 49
Issue: 1
Start page: 159
End page: 179
Abstract: This study aims to address the trends in the criteria for selection of World Heritage sites. Part One analyzes chronologically the changes in selection criteria [(i) to (vi)] for World Cultural Heritage sites. Using empirical research, the study examines any selection bias and UNESCO’s response to it. In Part Two, the study focuses on World Heritage sites in geographical margins, such as islands and peninsulas. It examines how they are used as places for people to migrate to, and to isolate specific groups of people, and how they end up as places where a variety of cultures intersect. Some of these areas preserve specific lifestyles/cultures, in part due to their limited development. By offering a new appreciation of the cultural value of marginal communities, they may receive consideration as World Heritage sites. The study also considers, in contrast, how development can disqualify a community from World Heritage site designation. For example, Dresden Elbe Valley in Germany was deleted from UNESCO’s World Heritage list due to the construction of a new bridge across the Elbe River-a choice made by the residents. By examining the process behind local residents’ choices for development, the study seeks to understand the relationship between the World Heritage Convention and development versus protection of living space.
本稿では、世界遺産登録基準の傾向を明らかにすることを目的とする。まず、世界文化遺産の登録基準について、 (ⅰ) から (ⅵ) の選択件数の時期別の推移を分析することで、どのような観点から世界遺産が登録されているのか、検討し、登録の偏りとそれに対するユネスコの方策について実証的に考察する。続いて、本稿では、島や半島といった辺境地域に焦点を当てる。辺境では、逃れるように人が移り住んだり、特定の人々を隔離したりするのに利用されることもあれば、様々な文化が交錯する場となったりすることもある。また、これらは、辺境にあるという点で、開発から取り残され、結果として固有の生活の営みあるいは痕跡が残っているということもある。これらに新たな文化的価値を付与することで、世界遺産登録の対象として捉えられるのである。一方で、ドレスデン(ドイツ)では、世界遺産登録後、住民の意志でエルベ川流域に新しい橋の建設が進められたことで、世界遺産登録が抹消された事例もある。ここでは地域住民が開発を選択するプロセスを分析し、世界遺産制度と生活空間の保存の関係について問う。
Description: 本稿は、平成25年度-平成27年度科学研究費助成事業・基盤研究 (C) 「ユネスコ世界遺産に関する比較社会学的研究」(研究代表者:荻野昌弘、課題番号:25380724)による研究成果の一部である。
type: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/11593
ISSN: 02876817
NCID: AN00046982
Text Version: publisher
Appears in Collections:関西大学社会学部紀要-第49巻 第1号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KU-1100-20171031-07.pdf41.75 MBAdobe PDF
View/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback Terms and Conditions of Use PAGE TOP