関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
経済学部 >
關西大學經済論集 >
關西大學經済論集-第66巻 第3号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/11612

タイトル: アベノミクス農政と農政・農業改革 : 日本の農業・農村のあり方
タイトル(その他言語/よみかな): Impact on Agricultural Policy and the Agriculture by Abenomics Agricultural Policy
著者名: 樫原, 正澄
著者の別表記: KASHIHARA, Masazumi
キーワード: 関西大学
Kansai University
アベノミクス
農政改革
農業改革
関西大学経済論集
論文発行年月日: 2016年12月16日
出版者: 關西大学經済學會
雑誌名: 關西大學經済論集
巻: 66
号: 3
開始ページ: 161
終了ページ: 175
抄録: アベノミクス農政の農業改革によって、日本の農業・農村はどうなるのであろうか。その際には、農業生産の特殊性を考慮することは大事な事項である。第1には、農業の重要な機能としては食料供給産業としての役割があり、国民への食料供給が重要な役割の一つであることを念頭に置くことは大事な点である。第2には、農業は自然環境に大きく依存した産業であり、年によって豊凶の差がみられる。しかしながら、農業生産物は人間の生命を維持するために不可欠なものであるため、その確保は必要事項である。第3には、世界的にみれば、農業生産は国内自給生産が主流であり、その余剰分が貿易財として、国際的に取引されている。そのため国際穀物価格の変動は激しく、穀物等を外国に大きく依存することには大きなリスクを伴う。第4には、農業経営の主体は家族農業経営であり、世界の大勢となっている。家族農業の維持・発展をめざすことは、農政の重要な課題であるといえる。本稿では、こうした農業生産の特殊性を考慮して、アベノミクス農政について検討を加え、そして、日本の農業・農政のあり方について考察した。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/11612
ISSN: 04497554
書誌レコードID: AN00046869
シリーズ番号/レポート番号: 経済学文献季報分類番号;08-21
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:關西大學經済論集-第66巻 第3号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20161216-01.pdf6.75 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP