関西大学学術リポジトリ >
1300 国際部 >
国際部-雑誌発表論文等 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/11625

タイトル: ロシア極東地域における日本語学習動機づけ研究 : 心理社会的自己同一性との関連から
著者名: 竹口, 智之
麻生, 迪子
ブシマキナ, アナスタシア
著者の別表記: TAKEGUCHI, Tomoyuki
ASO, Michiko
BUSHMAKINA, Anastasia
キーワード: ロシア極東地域
大学生の動機づけ
ボトムアップ式による質問項目作成
心理社会的自己同一性
関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2017年12月
出版者: 海外日本語教育学会
雑誌名: 海外日本語教育研究
巻: 5
開始ページ: 18
終了ページ: 35
抄録: 本研究は、ロシア極東地域における大学生の動機づけを分析したものである。本研究では青年期にあたる大学生の動機づけを分析するため、心理社会的自己同一性との関わりから検証した。分析の結果、「学究心」「体裁維持」「就業実用」「日本文化・滞在志向」が抽出された。「学究心」は学習活動が目的的となったものであり、「就業実用」は学習活動が手段的となったものである。しかし、いずれも「対自的同一性」「心理社会的同一性」と相関が見られたことから、「就業実用」も、義務感から生まれる動機づけでないことが示唆された。また上/下級生、心理社会的自己同一性が発達した学生と発達の余地が見られる学生との分散分析を実施した。分析の結果、上級生となって衰微する動機づけ、上級生となって高まる動機づけ、心理社会的自己同一性の発達によって差が生じる動機づけ、学年、心理社会的自己同一性の両者の影響を受ける動機づけがあることがわかった。
資料種別: Journal Article
著作権等: 海外日本語教育学会の許諾を得て登録しています。
URI: http://hdl.handle.net/10112/11625
ISSN: 24323179
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:国際部-雑誌発表論文等

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1300-20171200-01.pdf1.75 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP