関西大学学術リポジトリ >
0500 経済・政治研究所 >
セミナー年報 >
セミナー年報-2016年度 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/11627

タイトル: 公共サービスのインパクト評価と行財政改革
著者名: 馬場, 英朗
著者の別表記: BABA, Hideaki
キーワード: 関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2017年3月
出版者: 関西大学経済・政治研究所
雑誌名: セミナー年報
巻: 2016
開始ページ: 143
終了ページ: 152
抄録: 諸外国で進められているエビデンスに基づく政策と公共サービスにおける民間参加の新しい動向について、ソーシャル・インパクト・ボンドや休眠口座の活用にも触れながら整理した。
内容記述: 第220回産業セミナー
本稿は、JSPS 科研費16K04021(研究代表者:馬場英朗)及び文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業(研究代表者:塚本一郎)の助成による研究成果を一部活用している。
資料種別: Article
URI: http://hdl.handle.net/10112/11627
ISSN: 18822010
書誌レコードID: AA12210072
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:セミナー年報-2016年度

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-0500-20170300-01.pdf1.68 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP