関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
文学部 >
身体運動文化フォーラム = Human movement arts forum >
身体運動文化フォーラム = Human movement arts forum-2号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/11994

タイトル: ネオポルターレ思想の時代 : 語らない身体からの訣別
タイトル(その他言語/よみかな): The Neoportare-Thought Age : Awakening from the Silent Body
著者名: 伴, 義孝
著者の別表記: BAN, Yoshitaka
キーワード: 関西大学
Kansai University
ポルターレ
身体運動
生き方の問題
portare
human movement
problems on the way of life
論文発行年月日: 2007年3月31日
出版者: 関西大学身体運動文化学会
雑誌名: 身体運動文化フォーラム = Human movement arts forum
巻: 2
開始ページ: 3
終了ページ: 35
抄録: 本稿は「身体運動」と「生き方の問題」との関係についての検討を目的とするものである。論者は、関西大学における四半世紀にわたる講義において、既存の精神論や身体論からではなく、身体運動論の立場から、人間存在論としての身体運動の意味について学生とともに対話してきた。その結果、今日の日本社会における「モノ化する身体」「離陸する精神」「閉塞する感性」「埋没する表現」という生活現象の顕現を指摘しえて、深刻な人間疎外問題の猶予ならぬ状況を検証することとなった。本稿では、この猶予ならぬ状況を克服するために、身体運動の根源的な二足ロコモーション問題にまで遡ってあらためて反省してみる。そのうえで、人間と生活世界との「かかわり」の在り方問題について、すなわち、「生き方の問題」について、今日における機械文明過剰依存生活状況の側面から反省してみる。こうした反省からの学びは、一言に要約するならば、「身体」と「精神」の乖離状況の進行を、換言するならば「実践」と「理論」の乖離状況の進行を、生き方の問題としてどのように受けとめるべきなのかという新たな問題提起となっている。本稿では、実践と理論との融合を企図するために、学生たちとの対話をとおして、新しい生活思想としての「ネオポルターレ思想」の構想実現を期待するものである。
The purpose of this paper is to study on the relation between "human movement" and "problems on the way of life". The present writer has dialogued with students, through the lecture for a quarter of a century at Kansai University, on the meaning of human movement as human ontology from the standpoint of "Theory of the Human Movement" which is neither "Theories of the Body" nor "Theories of the Mind" as existent theory. The effect of this dialogue has inspected the serious problems on human alienation which should not be neglected. Among these, four specific appearances in today's Japanese society have been pointed out, namely "Materializing of the Body", "Takeoff of the Mind", "Blockage of the Sensibility" and "Burying of the Expression" as living phenomenon. In this paper, in order to overcome present problems, our reflections are discussed afresh ascending to the primary matter on "Bipedal Locomotion" as the basis of human movement. Furthermore, the discussion casts our reflections on the problems concerned between human and living world, namely "problems on the way of life", caused by today's living aspect of over-dependence upon machine civilization. The awareness through these reflections raise new problems which should be realized as the matter how to accept the situation in progress of separation on "Body" and "Mind" that is to say "Practice" and "Theory", in shortly summarized, as the matter of "Problems on the Way of Life". In this paper, through dialogue with students, it is expected that a framework of the "Neoportare-Thought" as new living thought will be designed in order to make "Practice" and "Theory" unify into working together.
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/11994
書誌レコードID: AA12174004
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:身体運動文化フォーラム = Human movement arts forum-2号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100ST-20070331-02.pdf3.2 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP