関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
経済学部 >
Kansai University Review of Economics >
Kansai University Review of Economics-No. 6 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/12093

タイトル: A Study on the Problem of Poverty and Inequality using the Artificial Society Model : Multi Agent Based Simulation
著者名: TANIDA, Noriyuki
MURAKAMI, Masatoshi
著者の別表記: 谷田, 則幸
村上, 雅俊
キーワード: 関西大学
Kansai University
poverty
inequality
artificial society model
complex system
multi agent based simulation
論文発行年月日: 2004年3月
出版者: Faculty of Economics, Kansai University
出版者の別表記: 関西大学経済学部
雑誌名: Kansai University review of economics
巻: 6
開始ページ: 27
終了ページ: 38
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/12093
ISSN: 13448463
書誌レコードID: AA1166240X
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:Kansai University Review of Economics-No. 6

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100RE-20040300-02.pdf714.23 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP