関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
社会学部 >
関西大学社会学部紀要 >
関西大学社会学部紀要-第38巻 第3号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10112/12393

Title: 役割と社会的スキルがからかい認知に及ぼす影響
Other Titles: Effects of Social Skills and Role in Teasing on the Perception of Teasing Incidents
Authors: 遠藤, 由美
Author's alias: ENDO, Yumi
Keywords: 関西大学
Kansai University
からかい
役割
社会的スキル
主観的構成
teasing
role
social skills
subjective constructions
Issue Date: 30-Mar-2007
Publisher: 関西大学社会学部
Shimei: 関西大学社会学部紀要
Volume: 38
Issue: 3
Start page: 119
End page: 131
Abstract: からかいは曖昧で多義的である。からかいは問題行動だとされる一方で、親密な関係において社会的絆を深める関係促進効果を持つという指摘もある。このような意味の違いは、役割(teaser vs target)と社会的スキルによってもたらされるかもしれない。本研究は、役割と社会的スキルがからかいの意味に及ぼす影響を検討することを目的として、役割(参加者内要因)と社会的スキル(参加者間要因)を交絡させたデザインで、質問紙実験を約半年の間隔を置いて2度実施した。参加者は大学生90名で、1回は誰かにからかわれた経験、他の1回は誰かをからかった経験を思い出すよう要請された。彼らは、それぞれ経験をどのように理解し評価しているかについて回答し、社会的スキルやからかいへの態度などの質問項目へも回答した。その結果、冗談意図とtargetの傷つき感情において、役割と社会的スキルとの交互作用が得られ、社会的スキルの低い者は、自分の役割によってからかいに対する認知が異なり、からかわれた時はそれをより否定的にとらえていたが、からかう側に立った時にはより肯定的にとらえていた。社会的スキルの高い者においては、このような役割による違いは認められなかった。社会的スキルの高い者は、からかい一般に対して肯定的な態度を示し、日常的にからかったりからかわれたりする経験が多いと報告した。このような結果は、からかいにおける役割と社会的スキルの個人差が、からかいに対する主観的理解を異なるものとすることを示唆する。
Teasing constitutes ambiguous interpersonal behavior that some people perceive to be fun and other people view as hostile. These perspectives might reflect the views of teasers and targets, as well as those of individuals with high levels of social skill and those with low levels of social skill. The present study aimed to examine the effects of social skills and the role in teasing on the perception of teasing incidents, by using an experimental design of 2 (role: teaser vs. target)×2 (social skills: high vs. low) with role as a within-participant factor and the latter as a between-participant factor. A group of 90 undergraduates participated twice, within an interval of about 6-months. They were asked to relive their experiences of a teasing incident either as a target or as a teaser from their past memory, and to complete various questions about them. The results showed that only targets with low social skills regarded their experiences very negatively, whereas targets with high social skills perceived the event as humorous and as less damaging than did teasers. These results suggest that roles in a teasing situation and individual differences with respect to social skills result in different subjective constructions of teasing.
type: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/12393
ISSN: 02876817
NCID: AN00046982
Text Version: publisher
Appears in Collections:関西大学社会学部紀要-第38巻 第3号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KU-1100-20070330-06.pdf973.68 kBAdobe PDF
View/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback Terms and Conditions of Use PAGE TOP