関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
社会学部 >
関西大学社会学部紀要 >
関西大学社会学部紀要-第38巻 第3号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/12396

タイトル: Zur klimatologischen bzw. okologischen Betrachtung uber die Entstehungs- und Entwicklungsbedingungen des Feudalismus : eine vergleichende Studie des Feudalismus in Deutschland und Japan
著者名: KAMIYA, Kunihiro
著者の別表記: 神谷, 国弘
キーワード: 関西大学
Kansai University
レーエン制
恩貸地制
叙任権闘争
地方領主
大空位時代
黄金文書
不輸租荘園
戦国時代
文明の生態史観
遷移
自成的
他成的遷移
das Lehenswesen
das Benefizium
der Investiturstreit
Territorialfursten
das Interregnum
die Goldene Bulle
das steuerfreie Herrengut
die Zeit der Wirren
die okologische Geschichtsauffassung
Sukzession
"autogenic/alloganic" Sukzession
論文発行年月日: 2007年3月30日
出版者: 関西大学社会学部
雑誌名: 関西大学社会学部紀要
巻: 38
号: 3
開始ページ: 1
終了ページ: 23
抄録: 長年のドイツ都市の研究のなかでも、もっとも注目したのはドイツ都市システムの典型的な多極分散型構造である。その背景には中世以来、長期にわたる分権的な封建制の伝統がある。語の厳格な意味での封建制は世界史上、西欧と日本にだけ存在した。だが、ではなぜ封建制がただ西欧と日本にだけ成立・展開したのかという分析は意外に少ない。本来、歴史学の主要テーマである封建制をここで取り上げるのは、久しく関心を持ち続けてきた「風土社会学」の有効性を封建社会の分析においても検証してみたいという意図があったからである。すでに幾人かの先人がこのテーマに取り組んできた。本稿はそれらを参照しつつ、風土論に若干の整序を試みたものである。なお、本稿は日独社会科学会第9回大会(2006年10月15日、於金沢大学)における報告原稿に若干加筆修正したものである。
Im Verlauf der langjahrigen Forschungen uber die deutschen Stadte ist mir die multipolare Struktur des deutschen Stadtesystems am bemerkenswertesten. Im Hintergrund dafur gibt es die Tradition der seit dem Mittelalter langfristigen dezentralistischen Feudalismus. Der Feudalismus im rechtsgeschitlichen Sinne existierte nur in Westeuropa und Japan. Aber die Erlauterungen, warum der Feudalismus nur in Westeuropa und Japan entstand und sich entwickelte, finden sich merkwurdigerweise wenig. In diesem Aufsatz habe ich, die bestehenden Forschungen uber diese Frage nachsehend, einen Versuch damit angestellt, die erkanntenen Meinungen davon in Ordnung zu bringen.
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/12396
ISSN: 02876817
書誌レコードID: AN00046982
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学社会学部紀要-第38巻 第3号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20070330-01.pdf1.46 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP