関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
社会学部 >
関西大学社会学部紀要 >
関西大学社会学部紀要-第38巻 第2号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/12409

タイトル: 雇用、失業、および未充足求人の変化
タイトル(その他言語/よみかな): The Behavior of Employment, Unemployment and Vacancies
著者名: 舟場, 拓司
著者の別表記: FUNABA, Takuji
キーワード: 関西大学
Kansai University
失業
未充足求人
v-u比率
失業と成長
unemployment
vacancy
v-u ratio
unemployment and growth
matching function
論文発行年月日: 2007年3月25日
出版者: 関西大学社会学部
雑誌名: 関西大学社会学部紀要
巻: 38
号: 2
開始ページ: 95
終了ページ: 120
抄録: 労働力人口、非農林業就業者、完全失業者、および完全失業率の動きを調べる。さらに、労働力人口、非農林業人口、および完全失業者の、景気後退期前後の変化について検証する。それから、求人数および求職者数を中心に、諸変数の変動を調べると共に、マッチング指標の悪化を示す。ミスマッチモデルによって、労働生産性の変動が失業にどのように影響するかを検討する。そのモデルでは、労働生産性の上昇は失業率を下げることが示される。マクロ集計変数の一つである、マッチング関数を使って、ジョブ発見率の通時的変化を推測し、ジョブ発見率とv-u比率の間の関係について言及する。ジョブ発見率の推測にあたって、マッチング関数はその変数に関して一次同次であると仮定されるので、一次同次性の帰無仮説を検定する。求人数と求職数を使った推定では、マッチング関数の一次同次性は棄却される。最後に、失業と成長の関係を検討する。失業率を実質GDP成長率の3次式として推定したときに、もっともらしい成長率の範囲で、成長率が上昇するとき、当初失業率は上昇するが、成長率がある水準を超えると、失業率は低下するということが確認される。
I analyze the transition of the labor force, non-agricultural workers, unemployment, and unemployment rates, especially focusing on the fluctuation of these variables pre- and post- recession. Then I trace the number of job-searchers and job vacancies. I show that the matching index is recently worse. I examine how the labor productivity affects unemployment following a mismatch model. In this model, an increase in labor productivity brings unemployment down. The job finding rate is derived using a matching function, which is assumed to be homogeneous, and I mention the relation of the job finding rate to the v-u ratio. I test the null hypothesis of homogeneity of the matching function, and reject this null hypothesis. Finally, the unemployment rate is regressed on the real GDP growth rate. This regression equation is a cubic of growth rate. In a reasonable range of growth rate, the unemployment rate initially rises with the growth rate, but then falls.
内容記述: <特集>そのとき仕事がかわった
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/12409
ISSN: 02876817
書誌レコードID: AN00046982
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学社会学部紀要-第38巻 第2号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20070325-05.pdf1.4 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP