関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
社会学部 >
関西大学社会学部紀要 >
関西大学社会学部紀要-第39巻 第1号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10112/12431

Title: シンポジウム記録 : 関西の放送ジャーナリズムに何が可能か
Other Titles: Symposium : What Can TV Journalism in the Kansai Region do?
Authors: 黒田, 勇
荒木, 亜里幸
Author's alias: Kuroda, Isamu
Araki, Arisa
Keywords: 関西大学
Kansai University
TVジャーナリズム
地球局
ローカル・アイデンティティ
TV Journalism
Local station
Local identity
Issue Date: 20-Dec-2007
Publisher: 関西大学社会学部
Shimei: 関西大学社会学部紀要
Volume: 39
Issue: 1
Start page: 97
End page: 113
Abstract: この資料は、2006年10月28日に関西大学で開催されたシンポジウムの記録である。このシンポジウムでは、在阪民放4局の報道担当者が、関西の地域放送局の放送ジャーナリストとして、地域のために何をすべきなのか、何が可能なのかを議論している。
This is a record of a symposium which was held in Kansai University on the 28th of October in 2006, in which four TV journalists discussed how they can and should work for public in the Kansai region.
type: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/12431
ISSN: 02876817
NCID: AN00046982
Text Version: publisher
Appears in Collections:関西大学社会学部紀要-第39巻 第1号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KU-1100SG-20071220-05.pdf900.39 kBAdobe PDF
View/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback Terms and Conditions of Use PAGE TOP