関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
社会学部 >
関西大学社会学部紀要 >
関西大学社会学部紀要-第39巻 第1号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/12433

タイトル: 「放送の多様性」に関する事例研究 : 京都チャンネル『でんねん~試験にでる?大阪弁』のケース
タイトル(その他言語/よみかな): A Case-Study on "Diversity of broadcasting" : The case of the programme "Den-nen" on CS Kyoto Channel
著者名: 黒田, 勇
森津, 千尋
福井, 栄一
著者の別表記: KURODA, Isamu
MORITSU, Chihiro
FUKUI, Eiichi
キーワード: 関西大学
Kansai University
放送の多様性
地域文化
文化的アイデンティティ
多チャンネル化
大阪弁
diversity of broadcasting
local culture
cultural identity
multi-channel
Osaka direct
論文発行年月日: 2007年12月20日
出版者: 関西大学社会学部
雑誌名: 関西大学社会学部紀要
巻: 39
号: 1
開始ページ: 39
終了ページ: 59
抄録: 本研究ノートは、関西の地域テレビ文化において、多チャンネル化が放送の多様性に貢献しているのかどうかに焦点をあてる。まず第一に、関西の文化的アイデンティティを生み出してきた関西の放送文化について簡単に触れる。次に、CS京都チャンネルで放送された大阪弁のテキスト番組「でんねん」の内容について、その監修者の立場から検証し、さらに、その内容についての「読解」について学生対象の調査結果を明らかにする。結果は、学生たちはかつて寄りも大阪のステレオタイプイメージを受け入れる傾向とともに、複雑な読解をしていることが明らかになった。
This research note focuses upon whether "multi-channelization" contributes to the diversity of programming in Kansai regional television culture. This note consists of three parts. The 1st part describes a brief history of Osaka-based broadcasting stations and their contribution to the formation of Kansai regional cultural identity. The following part discusses the effect of multi-channelization on regional culture by analyzing the contents and the backgrounds of the programme, "Den-nen" on CS Kyoto Channel which aimed at using "Osaka-ben" (Osaka-dialect). The last part analyze the result of a pilot survey in which university students in the Kansai area replied to a questionnaire about their attitudes to the programme. The results show that the respondents decoded the message in a much more diverse and complicated manner than we had hypothesized before the survey.
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/12433
ISSN: 02876817
書誌レコードID: AN00046982
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学社会学部紀要-第39巻 第1号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100SG-20071220-03.pdf1.26 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP