関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
理工系学部 >
関西大学工学研究報告 = Technology reports of the Kansai University >
関西大学工学研究報告-第49号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/12449

タイトル: Further Discussion of Correlation between Brittleness and Network Structure of Triallyl Isocyanurate Resins
著者名: MATSUMOTO, Akira
MATSUDA, Tomoya
HIRAO, Chikaomi
AOTA, Hiroyuki
TAKAYAMA, Yoshihiro
TORIDOME, Hiroyuki
著者の別表記: 松本, 昭
松田, 知也
平尾, 親臣
青田, 浩幸
高山, 義弘
取溜, 博之
キーワード: 関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2007年3月20日
出版者: 関西大学工学部
雑誌名: 関西大学工学研究報告 = Technology reports of the Kansai University
巻: 49
開始ページ: 39
終了ページ: 53
抄録: Attempts to improve the toughness of triallyl isocyanurate (TAIC) resins were unsuccessful using the procedures developed for diallyl phthalate (DAP) resins as typical allyl resins by considering microinhomogenization of the DAP resin during polymerization beyond the gel-point conversion. This demonstrates the difference in network structure of TAIC and DAP resins. The structure of branched TAIC prepolymer was characterized as dendritic by SEC-MALLS-viscometry. Thus, an alternative explanation for the brittleness of TAIC resins is provided: the insufficient growth of the network structure of TAIC resin because of steric hindrance on the crosslinking reaction between sterically crowded growing polymer radical and pendant allyl groups belonging to the rigid primary polymer chain.
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/12449
ISSN: 04532198
書誌レコードID: AN00046916
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学工学研究報告-第49号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20070320-05.pdf1.23 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP