関西大学学術リポジトリ >
0400 東西学術研究所 >
関西大学東西学術研究所紀要  >
関西大学東西学術研究所紀要 -第37輯 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/12576

タイトル: Religion in Weston's The Japanese Alps
著者名: Meli, Mark F.
キーワード: 関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2004年4月1日
出版者: 関西大学東西学術研究所
雑誌名: 関西大学東西学術研究所紀要
巻: 37
開始ページ: A69
終了ページ: A83
抄録: 英国人牧師ワルター・ウェストン(Reverend Walter Weston 1861-1940)は英国聖公会・教会伝道協会派遣の宣教師として1888~1895年をはじめとして、全部で14年間ほど日本に滞在した。現在、ウェストンはその伝道活動より登山活動の為に知られている。信州の山々がとても中欧のアルプス山脈に似ているとウェストンが覚えたため、彼は「日本アルプス」という名をつけ、そのために今までも上高地では彼の碑石が見えるのである。1896年にはウェストンはMountaineering and Exploration in the Japanese Alps(『日本アルプスの登山と探検』岩波文庫)という書を著した。その中に4年の夏の登山体験が記されている。この本は様々な意味でかなり面白い旅行記だと思うが、私にとって特に興味深いことは、ウェストンの山に対する宗教的な思想や感覚である。日本語を流暢に話せ、日本の宗教に興味を持ったウェストンは、日本の山岳信仰をどのように理解したか、かれの山の観方、及びかれのキリスト教への信仰はどれほどその山岳信仰に影響されたか、という追及をする。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/12576
ISSN: 02878151
書誌レコードID: AN0004709X
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学東西学術研究所紀要 -第37輯

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-0400-20040401-07.pdf935.11 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP