関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
経済学部 >
關西大學經済論集 >
關西大學經済論集-第53巻 第2号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10112/12690

Title: 初版『人口論』におけるスミス : 救貧法批判の方法論的基礎
Other Titles: The Smithian Character of Malthus's First Essay on Population
Authors: 中澤, 信彦
Author's alias: Nakazawa, Nobuhiko
Keywords: 関西大学
Kansai University
関西大学経済論集
スミス
マルサス
国富論
人口論
重商主義
救貧法
救貧政策
制度
Issue Date: 25-Sep-2003
Publisher: 關西大学經済學會
Shimei: 關西大學經済論集
Volume: 53
Issue: 2
Start page: 163
End page: 184
Abstract: 初版『人口論』は『経済学原理』に劣らず『国富論』の強力な影響下に成立した。若きマルサスの『国富論』受容は、(狭義の)経済理論や歴史認識だけにとどまらなかった。初版『人口論』第5章の救貧法批判および代替的救貧政策の提唱は、『国富論』第4編の重商主義批判への深い理解に裏打ちされたものである。
type: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/12690
ISSN: 04497554
NCID: AN00046869
Series/Report no.: 経済学文献季報分類番号; 03-42 ; 03-43 ; 02-11 ; 01-21
Text Version: publisher
Appears in Collections:關西大學經済論集-第53巻 第2号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KU-1100-20030618-03.pdf1.74 MBAdobe PDF
View/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback Terms and Conditions of Use PAGE TOP