関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
経済学部 >
關西大學經済論集 >
關西大學經済論集-第55巻 第3号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/12718

タイトル: 道路と陸軍 : 明治後期・大正期を中心に
タイトル(その他言語/よみかな): Roads and the Army in modern Japan
著者名: 北原, 聡
著者の別表記: KITAHARA, Satoshi
キーワード: 関西大学
Kansai University
関西大学経済論集
道路
陸軍
内務省
道路法
道路会議
軍事国道
軍用自動車
演習
師団
論文発行年月日: 2005年12月5日
出版者: 關西大学經済學會
雑誌名: 關西大學經済論集
巻: 55
号: 3
開始ページ: 399
終了ページ: 420
抄録: 近代日本の道路は物資や旅客の輸送など民生目的のほか軍事的にも利用された。陸軍は道路の使用および道路状況の改善に強い関心を寄せており、道路整備の主体であった府県や市町村に対して道路を整備するよう働きかけ、いっぽう、多数の兵士や重量のある兵器が通過する陸軍の道路使用は各地で道路の被損を引き起こし、府県や市町村は道路修繕を余儀なくされた。道路行政を管掌する内務省は、1919年に制定された道路法に陸軍の道路使用に伴う地方の負担を軽減する条項を盛り込み、それは一定の効果をあげたものの、こうした状況の根本的な改善にはつながらなかった。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/12718
ISSN: 04497554
書誌レコードID: AN00046869
シリーズ番号/レポート番号: 経済学文献季報分類番号; 04-23 ; 08-62
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:關西大學經済論集-第55巻 第3号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20051205-03.pdf2.09 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP