関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
経済学部 >
關西大學經済論集 >
關西大學經済論集-第56巻 第2号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/12742

タイトル: 無子選択による少子化についての経済学的アプローチ
タイトル(その他言語/よみかな): Economic Implications of the Optimal Choice of Having No Child
著者名: 松下, 敬一郎
著者の別表記: MATSUSHITA, Keiichiro
キーワード: 関西大学
Kansai University
関西大学経済論集
少子化
端点解
機会費用
資産分布
政策効果
論文発行年月日: 2006年9月20日
出版者: 關西大学經済學會
雑誌名: 關西大學經済論集
巻: 56
号: 2
開始ページ: 135
終了ページ: 148
抄録: 近年の日本の少子化においては、子供をもたない女子人口割合の増加が顕著にみられ、4人ないし5人に1人の女子が無子を選択している。本論では、子供をもたないことが選択される端点解が最適となるモデルを用いて、子供の養育費用が増加することにより端点を選択する割合が増加することを示している。さらに、実証研究のための含意として、端点においては子供の養育に対する補助の効果が小さいこと、経済的に自立している場合には子供をもたないことが資産所有者の資産分布に与える影響は小さいこと、子供の需要増加に結びつかない結婚の奨励は離婚を奨励することになる可能性があること、資産継承は子供の需要増加に結びついており少子化を減速させることを指摘している。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/12742
ISSN: 04497554
書誌レコードID: AN00046869
シリーズ番号/レポート番号: 経済学文献季報分類番号; 02-33 ; 14-13 ; 14-22
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:關西大學經済論集-第56巻 第2号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20060920-03.pdf1.05 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP