関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
経済学部 >
關西大學經済論集 >
關西大學經済論集-第56巻 第2号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/12744

タイトル: 2000年EU国際産業連関表 : 新しいESA95産業連関表を利用して
タイトル(その他言語/よみかな): Compilation and Analysis of 2000 International Input-Output Table for EU 13 Countries
著者名: 良永, 康平
著者の別表記: YOSHINAGA, Kohei
キーワード: 関西大学
Kansai University
関西大学経済論集
EU国際産業連関表
地域間産業連関表
産業連関分析
欧州連合(EU)
EU統計局
EU国民経済計算
市場統合
経済統合
論文発行年月日: 2006年9月20日
出版者: 關西大学經済學會
雑誌名: 關西大學經済論集
巻: 56
号: 2
開始ページ: 111
終了ページ: 133
抄録: 1985、1990、1995年の3カ年を対象として前回作成したEU国際産業連関表を、大幅に更新した。基礎統計が前回よりも充実したこと、各国表レベルでの統一化・標準化が進んだこと等により、精度の高い推計が可能となった。そこで今回は2000年を主たる対象年として、基本価格評価で13カ国をリンクした国際産業連関表を作成した。特に北欧のスウェーデン、フィンランド、中欧のチェコ・ハンガリー等を新たに組み込んだ意義は大きい。この産業連関表によって、EU諸国の現状や経済統合、環境等に関する様々な分析が可能となった。本稿では新しいEU産業連関表の枠組みや国際産業連関表の作成方法を紹介し、2000年におけるEU各国の相互依存状況について簡単な分析の紹介をしている。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/12744
ISSN: 04497554
書誌レコードID: AN00046869
シリーズ番号/レポート番号: 経済学文献季報分類番号; 02-41; 06-13 ; 07-20 ; 07-30 ; 16-32
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:關西大學經済論集-第56巻 第2号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20060920-02.pdf2.22 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP