関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
経済学部 >
關西大學經済論集 >
關西大學經済論集-第56巻 第3号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10112/12793

Title: 貨幣残高と貯蓄
Other Titles: On the So-called Pigou Effect
Authors: 堀江, 義
Author's alias: HORIE, Tadashi
Keywords: 関西大学
Kansai University
関西大学経済論集
ピグー
パティンキン
資産効果
定常状態
貯蓄関数
価格伸縮性
CES効用関数
Issue Date: 10-Dec-2006
Publisher: 關西大学經済學會
Shimei: 關西大學經済論集
Volume: 56
Issue: 3
Start page: 309
End page: 326
Abstract: 通常、物価の下落は消費支出を上昇させる。その点に疑問は無いとして、マクロ経済の分析にとってより重要なことは、物価の下落が貯蓄を減少させるということにある。それによって雇用が増大し、完全雇用が達成される保障があるということにある。ピグーはそれを示すために、貯蓄関数の説明変数の一つとして実質貨幣残高を導入し、実質貨幣残高の上昇が貯蓄を減少させると仮定し、完全雇用が達成されると主張した。パティンキンは、貯蓄関数の説明変数として実質残高の代わりに物価を導入し、貯蓄は物価の増加関数になると仮定してピグーと同様の結論を導いた。しかし、貯蓄が物価の増加関数であるとすることは仮定ではなく論証すべき事柄ではないだろうか。本論においては、標準的な消費者行動の理論に基づいて、物価の下落は必ずしも実質貯蓄を減少させるものではなく、むしろ上昇させる可能性が大きいということを証明する。
type: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/12793
ISSN: 04497554
NCID: AN00046869
Series/Report no.: 経済学文献季報分類番号; 02-40 ; 02-41
Text Version: publisher
Appears in Collections:關西大學經済論集-第56巻 第3号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KU-1100-20061210-06.pdf1.12 MBAdobe PDF
View/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback Terms and Conditions of Use PAGE TOP