関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
経済学部 >
關西大學經済論集 >
關西大學經済論集-第56巻 第3号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10112/12799

Title: バークとマルサスにおける階層秩序と経済循環 : 「存在の連鎖」受容の一断面
Other Titles: Burke, Malthus and "the Chain of Being" : From Hierarchical Order to Economic Circulation
Authors: 中澤, 信彦
Author's alias: NAKAZAWA, Nobuhiko
Keywords: 関西大学
Kansai University
関西大学経済論集
バーク
マルサス
ポープ
存在の連鎖
時間化
欠けている環
啓蒙
フランス革命
保守主義
自由主義
保守的自由主義
階層秩序
経済循環
不生産的消費
奢侈的消費
有効需要
目的論
進化論
ダーウィニズム
Issue Date: 10-Dec-2006
Publisher: 關西大学經済學會
Shimei: 關西大學經済論集
Volume: 56
Issue: 3
Start page: 253
End page: 279
Abstract: ラヴジョイは、『存在の大いなる連鎖』において、ヨーロッパ思想史上、プラトン以来の主要な観念図式として「存在の連鎖」を抽出し、ヨーロッパの自然・社会認識のあり様を特色づけた。神によって個別に創造されたすべての種(生物・無生物)は、最も高等なもの(天使)から最も下等で原始的なもの(鉱物)にいたるまで、「欠けている環」のない単線的な階層秩序を形成している、という世界観をこの観念図式は含意しており、18世紀に空前絶後の普及を達成していた。詩人ポープは哲学詩『人間論』でこうした世界観を典型的に表現した。本稿は、バークとマルサスのデビュー作がともに『人間論』からの引用を含んでいる事実を出発点として、両者における政治的保守主義と経済的自由主義の結合の知的起源を「存在の連鎖」の観念図式およびその変容(時間化)に求め、英国近代保守主義が啓蒙思想に対する反動的側面ぼかりでなく啓蒙思想の「末子」あるいは「一ヴァリアント」としての進歩的側面(漸進的改革論)も有することを明らかにする。
type: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/12799
ISSN: 04497554
NCID: AN00046869
Series/Report no.: 経済学文献季報分類番号; 01-21 ; 01-23 ; 03-22 ; 03-43
Text Version: publisher
Appears in Collections:關西大學經済論集-第56巻 第3号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KU-1100-20061210-04.pdf2.47 MBAdobe PDF
View/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback Terms and Conditions of Use PAGE TOP