関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
経済学部 >
關西大學經済論集 >
關西大學經済論集-第53巻 第3号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/12804

タイトル: 近世都市の経済危機と人口 : 京都西陣の事例から
タイトル(その他言語/よみかな): Economic Crisis and Demographic Change in early modern Kyoto : Based on the population registers of Nishijin District
著者名: 浜野, 潔
著者の別表記: HAMANO, Kiyoshi
キーワード: 関西大学
Kansai University
関西大学経済論集
京都
歴史人口学
宗門改帳
人口減少
天保クライシス
天保改革
開港期
移動
論文発行年月日: 2003年12月16日
出版者: 關西大学經済學會
雑誌名: 關西大學經済論集
巻: 53
号: 3
開始ページ: 207
終了ページ: 227
抄録: 近世後期の京都・西陣の花車町では、天保クライシス期と幕末の開港期の2度にわたって急激な人口減少を経験した。この減少の要因を分析すると、2つの時期の間には大きな違いが認められる。天保クライシス期の人口減少は死亡率の上昇が原因であると考えられる。「難渋人」を書上げた史料に複数の病人が記載されていること、また女性が戸主を占める比率が急上昇していることは、いずれも病気の流行によって死亡率が高まっていたことを示唆している。一方、幕末の開港後に観察される人口減少は、借屋層を中心とする転出が原因であった。これらの世帯の転出先には「親類」「主人方」など縁故者が多く見出されるが、生糸価格の騰貴、下請仕事の激減という経済危機に際して、親類や仕事上のネットワークが緊急避難の手段として利用されたことを示す事実といえよう。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/12804
ISSN: 04497554
書誌レコードID: AN00046869
シリーズ番号/レポート番号: 経済学文献季報分類番号; 14-12 ; 04-22
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:關西大學經済論集-第53巻 第3号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20031216-01.pdf1.57 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP