関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
経済学部 >
關西大學經済論集 >
關西大學經済論集-第54巻 第3・4合併号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/12825

タイトル: 現代の食と農の連携 : 生産者と消費者の新しい協同
タイトル(その他言語/よみかな): Trends in Cooperation of Food and Farming : New Partnership of Farmer and Consumer
著者名: 樫原, 正澄
著者の別表記: KASHIHARA, Masazumi
キーワード: 関西大学
Kansai University
関西大学経済論集
都市と農村の交流
地産地消
食と農
物質循環機能
論文発行年月日: 2004年11月11日
出版者: 關西大学經済學會
雑誌名: 關西大學經済論集
巻: 54
号: 3-4
開始ページ: 377
終了ページ: 400
抄録: 現代の食と農の連携を考察するに当たり、まず、これからの人間社会には、自然環境との共生が求められており、人間優先の考え方ではなく、人間社会を自然環境の一構成要素として把握しなければならないことを強調した。そして、現代の農業・食糧問題の考察のためには、1995年に発足したWTO体制をどう捉えるかが鍵であり、WTO体制は現代の各国の農業政策を大きく規定していることを述べた。とりわけ、日本においてはこの問題は、国民食糧の安定的確保にとって重要な論点である。また、都市と農村の交流は大いに進めるべき、農政課題の一つである。消費者の関心の高い、食の安全性を確保するためには、日本の食料生産体制そのものの安全性を確立することが第一義的課題である。本稿で紹介した、生産者と消費者の新しい協同を支え、政策的にも支援することが、豊かな食生活の実現に結びつくといえる。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/12825
ISSN: 04497554
書誌レコードID: AN00046869
シリーズ番号/レポート番号: 経済学文献季報分類番号; 0821 ; 0823 ; 0824
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:關西大學經済論集-第54巻 第3・4合併号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20041111-05.pdf2.13 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP