関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
経済学部 >
關西大學經済論集 >
關西大學經済論集-第54巻 第3・4合併号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/12826

タイトル: ガロック村の人口と世帯構造 : 30年間の変動
タイトル(その他言語/よみかな): Thirty Years of Changes in Population and Household Composition : Demographic Profile of Galok, Malaysia
著者名: 松下, 敬一郎
坪内, 良博
著者の別表記: MATSUSHITA, Keiichiro
TSUBOUCHI, Yoshihiro
キーワード: 関西大学
Kansai University
関西大学経済論集
マレー農村
人口動態
世帯類型間推移
論文発行年月日: 2004年11月11日
出版者: 關西大学經済學會
雑誌名: 關西大學經済論集
巻: 54
号: 3-4
開始ページ: 475
終了ページ: 501
抄録: 本論は、1970-71年に実施されたガロック村の全戸調査データをベースにして、追跡・遡及調査により人口・世帯構成の30年間のパネル・データを作成し、それに基づいて基本的な人口動態統計と世帯の類型間推移を示している。ガロック村は、1970年代および1980年代においては、女子の高出生力と20歳前後の高転出により逆「T」字型の人口年齢構成をもっていた。州外への転出が増加することにより、人口ピラミッドは20歳代に「括れ」をもつ形状を示すようになった。このように高出生と高転出がガロックの人口に大きな影響を与える中で、その世帯構成は約60%が核家族世帯からなるものの、多様な形の拡大家族世帯がそれぞれの家族の事情に応じて形成されている。拡大家族世帯の家族類型間推移はやや不安定化する傾向を示しているものの、拡大家族世帯に帰属する男子人口は年齢により20%から50%を占め、女子人口は20%から70%を占めている。核家族と双系性を基調としながらも、多様な家族構成をもつ世帯を形成して、都市との所得や教育・雇用機会の格差および高齢者との同居など各世帯のおかれた状況に柔軟に対応している。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/12826
ISSN: 04497554
書誌レコードID: AN00046869
シリーズ番号/レポート番号: 経済学文献季報分類番号; 14-22
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:關西大學經済論集-第54巻 第3・4合併号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20041111-11.pdf1.94 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP