関西大学学術リポジトリ >
0030 科学研究費助成事業成果報告書 >
科研費-外国語学部 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/13021

タイトル: 関西大学英語入試問題データの分析 : テスト理論の活用を目指して
タイトル(その他言語/よみかな): An Analysis of English Language Entrance Examination Data from Kansai University : Applying Language Testing Theory
著者名: 水本, 篤
脇田, 貴文
名部井, 敏代
著者の別表記: MIZUMOTO, Atsushi
WAKITA, Takafumi
NABEI, Toshiyo
キーワード: 入試
英語
構造的妥当性
多次元項目反応理論
テスト理論
関西大学
entrance examination
English
structural validity
multidimensional IRT
test theory
Kansai University
論文発行年月日: 2017年
出版者: 日本分類学会
雑誌名: データ分析の理論と応用 = Bulletin of data analysis of Japanese Classification Society
巻: 6
号: 1
開始ページ: 21
終了ページ: 29
抄録: 大学入試は受検者の今後に大きな影響を与えるハイステークス・テストであるが,一般的に情報の開示が難しいため,その品質保証のためにテスト理論を活用してテスト自体の改善を行うという取り組みはこれまでに報告されていない.そこで本研究では,現行の関西大学英語入試問題実施データを分析し,その構造的妥当性を検証した.また,受検者の各問題セクションの合計得点が,テストの総合計点 にどのように寄与しているかを探った.多次元項目反応理論による分析の結果,一般因子である英語総合能力とセクションや英文素材を反映した下位領域特有の因子による双因子モデルが支持され,現行の英語入試問題形式の構造的な側面の妥当性が確認された.また,特定セクションの合計得点が英語入試における受検者の能力弁別に役立っていることが示された.同時に,現行の英語入試問題作成における課題も明らかになったため,今後の大学入試問題作成や分析でテスト理論をより活用していくことにより,テストの品質改善が可能であることが示唆された.
In this study, we analyzed an English language entrance test of Kansai University administered in the past to validate its structural aspect. We also investigated the extent to which each section of the test had an influence on the overall test score. By applying the multidimensional item response theory (MIRT), we found that a bifactor model with a general factor and lower-level factors reflecting the differences of sections and reading materials fit the data better than other models. In addition, it was confirmed that a certain section in the test effectively performed to distinguish the ability of test takers. These results suggest that the test retains desirable traits as a measurement instrument used for entrance examination purposes in terms of the structural aspect of validity and assessment of test takers' ability. At the same time, this study points to the importance of applying language testing theory in the process of creating, administering, and analyzing a high-stakes test. Implications of employing test theories are discussed in view of the current situation of entrance examination administration in Japan.
内容記述: 本研究の一部はJSPS 科学研究費補助金(科研費)16K13273,26370719,16H02051,26370719 の助成を受けて実施された.
資料種別: Journal Article
URI: http://hdl.handle.net/10112/13021
ISSN: 21864195
書誌レコードID: AA12709597
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:科研費-外国語学部

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-0030-20170000-01.pdf876.49 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP