関西大学学術リポジトリ >
1300 国際部 >
国際部-雑誌発表論文等 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/13055

タイトル: 海外初中等教育機関の日本語学習者はいかなる言語政策を実施したか : ユジノサハリンスク市の学習者を対象に
タイトル(その他言語/よみかな): The language policies employed by learners of Japanese in a foreign country at the elementary and secondary school level : With a focus on learners in Yuzhno Sakhalinsk
著者名: 竹口, 智之
著者の別表記: TAKEGUCHI, Tomoyuki
キーワード: 海外初中等教育機関の日本語
ユジノサハリンスク市
個人レベルの言語政策
相互主体性
「調査するわたし」の自覚
Japanese language education at the elementary and secondary school level
language education in foreign countries
Yuzhno Sakhalinsk
language policy at the individual level
mutual individuality
awareness of "myself who investigate"
関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2016年3月
出版者: 日本言語政策学会
雑誌名: 言語政策
巻: 12
開始ページ: 53
終了ページ: 80
抄録: 本研究は、海外初中等教育機関に通学していた学習者の個人レベルの言語政策を明らかにしたものである。従来、海外初中等教育機関の日本語教育研究は、公的機関の文書などを考察の対象にしたものが多かった。しかし、本稿では日本語を学んでいた学習者当人を対象に調査を実施している。言語政策を、国家や教育機関だけではなく、学習者という個人レベルにも存在するものとして分析を進めた。調査協力者は、ユジノサハリンスク市の初中等教育機関で日本語を選択していた3名で、調査法はライフストーリーを用いている。分析の結果、当時の学習者は、それぞれ家族や教師との関係性を築くことで、相互主体性を培っているのが明らかになった。また、調査協力者の語りの内容だけではなく、その語られ方にも注目することで、調査協力者が設定したカテゴリーの恣意性もあぶりだされた。周囲の言語政策に影響を受けつつも、既にある程度自立した存在である今回の調査協力者は、自身が目指す「日本語を使って人生の目標を達成したい私」に近づくための言語政策を実行していると考えられる。
In this article, we explore the language policies adopted by learners of Japanese in a foreign country at the elementary and secondary school level. Previous research on the subject has referred to documents published by public educational institutions. We, however, focused on the learners themselves. We conducted our research based on the assumption that the language policies were formulated at the individual level― in short, by the learners themselves―and not at a nation level or by public institutions. Three university students, who had attended a Japanese language course at elementary and secondary school in Yuzhno Sakhalinsk city, collaborated with us for this study, and we employed the life story method. The results of our investigation revealed that in elementary school, the students cultivated their mutual individuality by building relationships with their families and teachers. We also uncovered the arbitrariness with which we chose the categories, by focusing on how they talked with us, and not only on what they said. They were affected by the language policies implemented in their surroundings. However, we believe that since the students are now independent individuals, they feel that the educational policies they adopted in their childhood have helped them achieve their life goal of being the best they can be in Japanese.
資料種別: Journal Article
著作権等: (C)日本言語政策学会(http://jalp.jp/wp/?p=1500) : このアイテムは日本言語政策学会の許諾を得て公開しています。
URI: http://hdl.handle.net/10112/13055
ISSN: 18800866
書誌レコードID: AA12468901
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:国際部-雑誌発表論文等

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1300-20160300-01.pdf707.01 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP