関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
臨床心理専門職大学院 >
関西大学心理臨床センター紀要 >
関西大学心理臨床センター紀要-第9号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/13094

タイトル: McGuireのクリアリング・スペース法を用いたCoffengによるPTSD論
著者名: 中田, 行重
蒲生, 侑依
中臺, 一樹
野村, 明希
山島, 陽香
尾浦, 有梨
平野, 秀幸
見澤, 行子
著者の別表記: NAKATA, Yukishige
GAMOU, Yui
NAKADAI, Kazuki
NOMURA, Aki
YAMASHIMA, Haruka
OURA, Yuri
HIRANO, Hideyuki
MISAWA, Yukiko
キーワード: フォーカシング
PTSD
イメージ
エクスポージャー
関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2018年3月15日
出版者: 関西大学臨床心理専門職大学院 心理臨床センター
雑誌名: 関西大学心理臨床センター紀要
巻: 9
開始ページ: 85
終了ページ: 93
抄録: フォーカシング指向心理療法ではPTSDをどう扱うのかについて、その専門家であるCoffengの論文(2003)を紹介する。危機状態にあるクライエントに対するMcGuire(1983)のクリアリング・スペース法を著者のCoffengはPTSDを持つ3人のクライエントに対して適用し、イメージを自在に活用しつつ、PTSDからの離脱を促した。本論はそのアプローチを具体的に紹介し、エクスポージャーなどとの比較を通して、それが理論的にどのような立場にあるかについての考察を試みるものである。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/13094
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学心理臨床センター紀要-第9号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20180315-08.pdf785.33 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP