関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
臨床心理専門職大学院 >
Psychologist : 関西大学臨床心理専門職大学院紀要 >
Psychologist : 関西大学臨床心理専門職大学院紀要-第8号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/13182

タイトル: 振り返り日記が精神的健康に及ぼす効果の検討
タイトル(その他言語/よみかな): Effect of "Reflecting Diary" on Mental Health
著者名: 酒井, 久実代
河﨑, 俊博
著者の別表記: SAKAI, Kumiyo
KAWASAKI, Toshihiro
キーワード: 振り返り日記
フォーカシング
言語化
精神的健康
効果測定
関西大学
Reflecting Diary
Focusing
Explicating
Mental Health
Effect Measurement
Kansai University
論文発行年月日: 2018年3月16日
出版者: 関西大学大学院心理学研究科心理臨床学専攻
雑誌名: Psychologist : 関西大学臨床心理専門職大学院紀要
巻: 8
開始ページ: 49
終了ページ: 59
抄録: 本研究では、「振り返り日記」の継続実施による、精神的健康への影響を検討することを目的とした。本研究では、実験参加者を募り、応募者をランダムに3群(出来事筆記群、感情筆記群、フェルトセンス筆記群)に振り分け、30日間の日記筆記を実施した。出来事筆記群では、一日の出来事を主に記述し、感情筆記群では出来事とそれに関連する感情を記述した。フェルトセンス筆記群では、出来事と感情及び、それらにまつわるフェルトセンスの記述を求めた。また、日記の実施前、実施直後、1カ月後に質問紙調査を実施し、日記終了後に自由記述形式で感想を求めた。日記の内容を確認したところ、教示通りではなかったため、本研究では3群を合わせて質問紙調査の結果を検討することにした。得られたデータを分析した結果、次のことが示された。心理的ストレス反応では、4下位尺度(疲労、怒り、循環器不調、抑うつ)において日記筆記前よりも日記筆記後に有意な低下がみられた。また、GHQ12の「うつ症傾向」、「社会的活動障害」においても有意な低下が確認された。精神的健康へのポジティブな影響としては、「本来感」と「本来的自己感」において、筆記前よりも筆記後に有意に増加していることが示された。さらに、自由記述を検討したところ、79の文章が抽出され、20個のキーワードが作成された。キーワードを類似性によりまとめると、「気持ちの整理」、「新たな気づき・理解」、「前向きな気持ち・考え」、「変化」、「反省」に整理された。これらの結果から、「振り返り日記」の効果について考察した。
The purpose of this study was to discuss the effect of a "Reflecting Diary" on mental health. In this study, participants were randomly divided into 3 groups (event writing group, emotional writing group, felt sense writing group) and engaged in 30 days of diary writing. In the event writing group, they mainly described the events of the day, and in the emotion writing group, they described the events and related emotions. In the felt sense writing group, participants were asked to describe events and emotions, and their felt senses. A questionnaire survey was conducted before and after the 30-day diary writing period, and one month later. After finishing the diary, we asked for their impressions in a free-form format. We verified the contents of the diary and found that they were not completed as indicated. The three groups were combined, and the results of the questionnaire survey were examined. Data analysis revealed the following: In the stress reaction scale, there was a more significant decrease after diary writing on the 4 subscales (fatigue, anger, malfunction of the circulatory system, depression) than before diary writing. In addition, a significant decrease in "anxiety and depression" and "social dysfunction" was confirmed through the General Health Questionairre (GHQ-12). As a positive influence on mental health, it was shown that "authentic living" and "authentic self-feeling" increased significantly after writing compared to before writing. Furthermore, 79 sentences were extracted and 20 keywords were created from the free-format writing. When summarizing keywords by similarity, they were arranged into "sorting out feelings," "further awareness/understanding," "positive feelings/thoughts," "changes," and "reflections." From these results, we discuss the effect of a "Reflecting Diary."
内容記述: 本研究は科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)の助成を受けた(基盤研究C 課題番号:15K04147)。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/13182
書誌レコードID: AA12590224
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:Psychologist : 関西大学臨床心理専門職大学院紀要-第8号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20180316-06.pdf1.07 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP