関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
東アジア文化研究科 >
東アジア文化交渉研究 >
東アジア文化交渉研究-第11号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/13227

タイトル: 近代朝鮮半島における木炭事情 : 日本資料を中心に
タイトル(その他言語/よみかな): Charcoal Production in Korean Peninsula under Japanese Colonial Rule : Based on Japanese Materials
著者名: 呉, 征涛
著者の別表記: WU, Zhengtao
キーワード: 関西大学
Kansai University
近代
朝鮮産木炭
朝鮮総督府
海外輸出
論文発行年月日: 2018年3月31日
出版者: 関西大学大学院東アジア文化研究科
雑誌名: 東アジア文化交渉研究 = Journal of East Asian cultural interaction studies
巻: 11
開始ページ: 535
終了ページ: 556
抄録: Even with the changes of usage of energy resources in early modern times, such as relatively new fuels like coal, oil and gas, charcoal continued to remain the main fuel used by ordinary people in Japan from the late 19th century to the early 20th century. In Korean Peninsula, which was a colony of Japan from that time, Koreans did not use charcoal as fuel for everyday life much. But as Japanese moved to the Korean Peninsula and the Government-General encouraged the charcoal industry and production, charcoal was produced in large quantities and exported abroad, especially to Japan proper. Korean Peninsula became a production site that provided a large quantity of charcoal to Japan and played an important role in ensuring Japan’s fuel supply until the end of the World War II. This article aims to clarify the history of development and historical significance of the charcoal industry in Korean Peninsula by focusing on the Japanese materials.
内容記述: 文部科学省グローバルCOEプログラム 関西大学文化交渉学教育研究拠点
[東アジアの歴史と動態]
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/13227
ISSN: 18827748
書誌レコードID: AA12327433
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:東アジア文化交渉研究-第11号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20180331-32.pdf966.47 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP