関西大学学術リポジトリ >
1200 教育推進部 >
教育開発支援センター >
関西大学高等教育研究 >
関西大学高等教育研究-第9号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/13283

タイトル: ICT活用による英語ライティング指導の展開、 学びのプロセスをアセスメント・可視化するeポートフォリオへの展開
著者名: 渡邉, 正樹
山本, 敏幸
著者の別表記: WATANABE, Masaki
YAMAMOTO, Toshiyuki
キーワード: 関西大学
Kansai University
英文ライティング
Revision Assistant
Turnitin®
ICT活用
自動フィードバ ック
eポートフォリオ
アセスメント
論文発行年月日: 2018年3月10日
出版者: 関西大学教育開発支援センター
雑誌名: 関西大学高等教育研究
巻: 9
開始ページ: 43
終了ページ: 47
抄録: 本学の入学前教育でも、国語教育(ライティング)で添削に実践利用したTurnitin®の最先端ライティング支援ツール (Revision Assistant) の英語ライティング教育全般についての教育展開について述べる。Revision Assistant は特定の課題について学生が書いた英文について、あらかじめルーブリック形式で設定した基準を参照して達成度合いを自動判定し、見直しのためのアドバイスを提供するツールである。このシステムは新たなアイデアや表現を提供することはなく、あくまで書き手である学習者に不足している学習項目を指摘し、改善ポイントの示唆・補助を行うものである。学習者はツールを活用することで、自分の文章表現の未習得項目を知り、自ら改善する学習の機会を得ることができる。さらに、Turnitin社が2016年から17年にかけて実施した調査結果をもとに、ツールを使用してどのような改善が見られたかの分析報告も紹介し、本ツールの有効性、eポートフォリオへの適用可能性等について考察する。最後に学生がライティングを改善するプロセスをeポートフォリオに反映し、個人の成長履歴をアセスメントし、可視化する研究をも紹介する。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/13283
ISSN: 21856389
書誌レコードID: AA12626037
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学高等教育研究-第9号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1200-20180310-06.pdf1.35 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP